schneeのぽつり、ぽつり for you ... T.O

「さいごの毛布」  

「さいごの毛布」 近藤史恵

犬の最期を看取る老犬ホームでのお話。
書名から淋しい話かと覚悟をして読み始めました。が、そんなことばかりではありませんでした。


d0115481_22494063.jpg


「犬は昨日を愛する生き物ね。
 今日も昨日と一緒であればいいと思っているの」
 特別なことはなにも必要としていない。
 昨日と一緒の家族、昨日と一緒のごはん、昨日と一緒の散歩。
 ごくささやかな望みだけ


こちらの表紙は文庫の物なのですが、単行本の表紙の方が雰囲気があって良さげです。










病室のベッドで横になっている母の傍らで
毎日のように本を読んでいた日々も
終わってしまった。


[PR]
by snow-t-o | 2018-04-11 22:42 | Book
<< 「ワルツを踊ろう 」 「世界からボクが消えたなら」 >>


ステッチとネコと甘いものの日々