schneeのぽつり、ぽつり for you ... T.O

「世界からボクが消えたなら」

図書館で予約していた本、やっと順番がきました。
主人公の飼い猫であるキャベツの視点で書かれています。
「世界からボクが消えたなら」を読む前に「世界から猫が消えたなら」を再読。

世界に何かが存在する理由はあっても
失われる理由なんて まったくないんだ


d0115481_21582159.jpg
悪魔がやってきて
電話~映画~時計 と消えていきました。

にゃん、消えたら困ります😭

今の私の心の支えだから。

「人間が猫を飼っているわけじゃなくて、
 猫が人間のそばにいてくれるだけ」



[PR]
by snow-t-o | 2018-03-19 21:54 | Book
<< 「さいごの毛布」   花糸の緑 続き >>


ステッチとネコと甘いものの日々